mygのインドネシア生活 サバーイブログ 

日本語を教える、インドネシア生活3度目のmygです。語学ネタ、フィットネス、治安、生活情報など。西ジャワ、バンテン州タンゲラン在住。

新生活4日目 部屋の内見

5月18日

朝ヨガして、ウォーキングの途中で朝食と買い物をした。いつものブブルアヤムがある道はローカル道路なので、食堂や八百屋が期待できる。15分ほど歩いて食堂や商店はたくさんあり、八百屋は3軒あった。ここで十分買い物ができる。バナナを切って分けてもらった。4本で9,000ルピア。

肉・野菜をイオンモールで買ってもローカルで買っても同じと思う。私は。

今日は3人の不動産屋と部屋の内見を行う。9時と11時と14時の約束。

9時にロビーに降りようとしたらメッセージが来た。「おはよう、今そちらに向かっています」

きのうのエアコン修理だ。なんで来るんだて-!?(NGYcity弁で) キャンセルしたと思ったが。来たものはしょうがない。

見事に9時の不動産屋と丸かぶりして修理を優先することに。作業が終わるまでいっしょに部屋にいる。

10時に作業が終了。ベランダで脚立を高圧洗浄機で洗って窓ガラスもベランダ床もベッタベタ。しかも拭かずにそのまま。モップで拭いてもらった。
水切りワイパーでピャーピャーと水を洗面所に向けて掃いていた。そこにあった足ふきマットがベッタベタ…本当にこの人たちは…(自主規制)

部屋の内見へ。全部で14件見た。
1年の家賃が1bed roomで40-50juta、type studioで30-35juta。以前住んでいたリッポーチカランのアパートの半値以下ではなかろうか。ちなみに40jutaは40万円です。

今の部屋を22日にチェックアウトして移動しなければならない。早く決めないと。

 

はてなブログから通知が来ており”今月のPVが100を突破しました”と。読んでいただいた方、本当にありがとうございます。

新生活3日目

5月17日

今朝はイオンモールBSDまで歩いた。インドネシアではAEON アイオンと発音する。イオンBSDは2015年に開業したと思うがさすがに壁が古くなってきている。BCA銀行はこの中にある。土日に行こう。

そしていつもの朝ご飯ブブルアヤム。味はまあまあ。

朝食はこのネコに会いに行くようなもの。なでなで、すりすり。

 

16日に部屋のエアコンの水漏れを直しにに来ると言ったが、来ない。ま、こんなもんですわ。
17日の12時にアパートのロビーに来るという。が、来ない…予想通り。20分しても来ないのであきらめた。

もうどうでもよくなってきた。7泊でチェックアウトするのだから、修理しなくてもいい。こちらが頼んだわけではない。

13時40分にメッセージが
「エアコンの水漏れ、ハロー、こんにちは」と来た。

「こんにちは。今日の訪問はどうなの?」「予定では12時、待ってたけど来なかった」

「私はまだ〇〇にいます」

「OK」 〇〇は空港の近く。1時間で来るだろう。

が、来ない。

15時30分に違う電話番号からメッセージが来た。

「エアコンの水漏れ、こんにちは。私たちはエアコンの修理です」「今そちらに向かっています。待っていてください🙏」

「OK、〇〇アパートで待っています」

「(インドネシア語)」⇐意味が分からない文章が来た。

「だいたい何時までに〇〇アパートに来ますか?」

「15分」

その13分後、「私たちは16時03分に着きました。しかし、仕事ができませんでした」
みたいな文章が送られてきた。な、な何を言っとるだ⁈ここで会社のGAの人に助けを求めた。曰く、

「勤務時間が終わったんじゃないかな」との推測。あーもうどうでもいい。GAに電話で事情を聞いてもらった。今日はできないとの回答。

「22日にチェックアウトするから修理は必要ないよ。必要ないと不動産屋に連絡してください」

GA:「キャンセルですね?」

私:「キャンセルじゃなくて…修理は私が頼んだことじゃないです」

GA:「え?でもいいんですか?」

私:「問題ないです。バケツと鍋で受けているから」

ようやく終わった。なんだこのやりとりは?久しぶりに疲れるやりとりをした。インドネシアあるあるか、外国あるあるなのか。

今日は次の部屋探しで複数の不動産屋とアポイントメントのやりとりもしていた。明日は2件の部屋の内見をする。1件はGAが来てくれる。頼もしい。

新生活2日目

3回目のインドネシア生活が始まります。慣れ親しんんだリッポーチカランの生活からタンゲランで暮らします。
日本に帰国中も朝夜ヨガ、朝夕ウォーキング、ゆるい筋トレを続けていました。インドネシアでも続けます。

5月16日
朝ヨガして、5時40分ごろ明るくなったのでウォーキングへ行く。街の探索と朝ごはんを食べる目的もある。
店、屋台、コンビニを見ながら歩いてブブルアヤムを食べる。12,000ルピア。

ブブルアヤム。Khas Cianjur

置いてあるコップでお茶を飲みます。私は問題ないです。50分ほど歩きコンビニのATMで銀行カードが使えることを確認してアパートに戻る。

アパートにはジムがあるので見に行く。7時前でもう開いていた。

ベンチとダンベルが20㎏まである。十分です。

携帯電話のBCA mobileはログインできるが、その中のメニューを使うことができなかった。外国にいて5か月くらいログインしていなかったからだろうか。あとからBCA銀行に行って相談しなければならない。

インドネシアへ。出国から入居まで

再びインドネシアブログを書きます。よろしくお願いいたします。

出国

いよいよ出発です。常滑空港に着きました。中部国際空港ともセントレアとも言う。
シンガポール航空で搭乗券を受け取ったら、係員の人に「いっしょに保安検査場へ行きましょう」と言われた。理由を尋ねると、

「抜き打ち検査がありまして、申し訳ありませんが検査場までご一緒いたします」だって。よくわからないが、はい、わかりましたと言うしかない。今すぐに行く勢いなので、用事を済ませてからまたカウンターに戻りますと告げた。

シンガポールドルを持っていたので、チャンギ空港でお土産を買って使ってしまおうと思っていたが、セントレアの免税店でROYCE’のチョコレートが買いたくてドルをすべて両替した。

保安検査場まで歩きながら聞くと、ランダムに選ばれてしまったようだ。たまにあるらしい。係員は恐縮しっぱなしだった。

係員とCREWの入り口から入り、パスポートと搭乗券を見せて、みんなが並んでいるところを横から入れてもらって通常の保安検査と同じことをした。リュックの中を少し見ただけで問題なかった。

次はイミグレ。何の問題もないが、審査官が
「ここのページでいいいですか?」
私:「はい」
「ここに押しました」
私:「はい」

こんなことを言われたのは初めてだった。

乗り継ぎ

乗り継ぎはシンガポールのチャンギ空港。出発は1時間20分後。急がねば。

案内版によると、ジャカルタ行きは第2ターミナル。スカイトレインに乗り第3ターミナルへ行き、乗り換えて第2ターミナルへ。

売店がないなぁと思いつつ、ゲートへ行って手荷物検査して待合室に入ったらもう売店はなかった。もう出れない。セントレアでお土産を買っといてよかった。買えるときに買う。やはりこれですな。

スカルノハッタ空港まで1時間20分くらい。離陸して40分後に機内食が出た。出るとは思わなかった。慌ただしく食事を済ませた。ハーゲンダッツのアイスクリームがおいしかった。セントレア発の便にアイスクリームはなかった。シンガポール航空は機内設備が良く、快適だった。

入国

問題なし。顔認証の入国ゲートができていた。2023年11月に入国した時はなかったような…。私は有人イミグレへ行ってENTRY PERMITをページに貼ってもらった。写真を撮ってすぐ会社の人に送った。

入居

1週間の仮住まいのアパートメントにエージェントとチェックインした。
・エアコンから水漏れする。明日直しに来る。私は問題ないっす。
・Wi-Fiが弱すぎる。これはだめ。
・シャワーに温水器がない。残念。

エアコンつけたまま電気ポットつけたら電気が飛んだ。私としたことが。

Studioタイプの部屋。バケツと鍋で水漏れを受けています。

明日から出社です。

2024インドネシアへ!出国前準備

再びインドネシアで暮らせることになりました。仕事が決まって就労ビザが発給されました。

出国準備を始めます。2024年5月の出国にあたって準備したものを書きます。(インドネシアはすぐルールが変わるので、在インドネシア日本大使館の最新情報を確認ください。)

・e-VISA
・航空券、パスポート

以上。

2021年12月に日本を出国する時はいろいろ準備しました。大変だったなぁ。

myggym.hatenablog.jp

 

以下ののNo.1~4は必要ありません。

1.新型コロナウィルス感染症 予防接種証明書

2.隔離ホテル先を示す書類

3.72時間前のPCR検査 陰性証明書

4.PeduliLindungiというアプリからe-HACに登録して得たQRコード2種を携帯電話でスクリーンショット。今はSATUSEHATという名前に変わった。

インドネシア入国後の隔離措置ありません。

 

私の航空券はシンガポール航空。エコノミークラスの手荷物は25㎏、
機内持ち込みは7㎏です。スーツケースを2つ持って行きたかったので残念。衣類、生活品、食品を目一杯詰めてパッキングをしました。

パスポートの有効期限を確認し、e-VISA、航空券を印刷した。準備完了。

タイで病院へ行く〔終〕その後 医療費の請求

ようやく医療費が入金されました。長かった。よかった。

 

2月5日 1月23日に領収書を送って何も連絡がないので届いたかメールで聞いてみた。
回答は、「まだ届いていません」2週間経って届いていないとは。原本が行方不明になってしまった。

 

2月14日 再度届いたか聞いた。「届いておりません」
もう1度送りますと返信して領収書のコピーを送った。コピーをしておいてよかった。コピーはまだある。「届きましたら連絡させていただきます」と来た。

2月29日 何も音沙汰がないのでまたメールした。「連絡が出来ておらず大変お詫び申し上げます。領収書が届きました。現在ご請求の手続きを進めさせていただきます」
やったー!

その7分後、「添付の通りお支払い完了致しましたのでご連絡致します。入金がご確認いただけない場合はご一報頂きます様お願い致します」

あぁぁりがてぇぇー(ティーバッグ風)しかし早いな。と思いつつ添付を見ると、書類は2月26日の作成であった。まあ、よかったよかった。
入金先のインドネシアの銀行口座を確認した。

長くかかったがこれで終わった。向こうからしてくれないのでこちらから動いて行かないと。情報は自ら取りに行く、優良農地に物流倉庫ですな。

インドネシアブログはこれでいったん終わりです。最近インドネシアでの仕事が決まったので、またインドネシア生活が始まったらブログを再開します。

タイで病院へ行く〔4-2〕その後 医療費の請求

1月23日 回答が来た。

「原本で必要な書類は領収書以外に他にありますか?」→領収書のみ送る。

「医療費の請求に期限はありますか?」→請求期限なし。

「次に私がインドネシアに入国してから送ってもいいですか?」→回答なし。

郵便局から東京マリンインドネシアへ送ることにした。念のために領収書はコピーして保管する。

宛名、会社名、住所を書いて郵便局から航空便で120円でお願いしました。

メールで領収書を送った旨を東京マリンに伝えた。7日くらいで着くだろう。

 

はてなブログから通知が来ており”今月のPVが1000を突破しました”と。1か月で1000は初めてのことです。読んでいただいた方、本当にありがとうございます。